ハッピーメール|女子大生(JD)出会い

ハッピーメールの事例

なかなか女子大生と出会えなかったけど、ハッピーメールに登録してから簡単にHさせてくれる女友達ができました。ずいぶん簡単に女子大生のセフレができたのでありがたいっス。もうちょっと他のタイプの女子大生と知り合いになってHを楽しみたいものですね。

 

ハッピーメールを知ったのは友人の口コミ。出会い系サイトとかアダルト掲示板の素人にはほとんど縁がありませんでした。友人が「結構かわいい女子大生と知り合えるし簡単にHできるからやってみろよ」と話していました。そんなにうまくいくもんかな、と思っていましたが、無料でできるそうなので試しに登録してみました。

 

登録するのが無料で、掲示板の閲覧には少しポイントはかかってしまいます。それでも大した金額でもないのでどんどん掲示板を使うようにしてましたね。狙っていた年齢層は10代の女子大生。だめなら20代でもいいかなと思いました。

 

中には17歳以下の女の子もまじっているそうで、こんなに若い女の子と援助交際みたいになってしまうと犯罪だってことは知ってました。学生にだけは手を出さないように気をつけてましたよ。18歳だったらラッキーですよね。若いし、援助交際にはなりません。できるだけ18歳〜22歳ぐらいの女子大生に条件内容を絞りたいと思ってました。

 

掲示板で知り合った女子大生とメールでやりとりをして、ラインの連絡先も教えてもらいました。年齢は21歳で女子大4年生をしているそうです。学費を稼ぐ為に働いていて、「彼氏がいなくて寂しい」と話していました。かなり年齢も若く、Hさせてくれそうだなという雰囲気でしたね。

 

待ち合わせ場所に来てみるとショートカットの可愛らしい女の子。アイドルにいてもおかしくないくらいで目鼻立ちははっきりしています。かなりの美形で、こんなかわいい女の子とHができるのかと思うと胸がうずきましたね。

 

結局、自宅に連れ込んで彼女とめくるめく快楽をむさぼりあいました。さすがに肌も若く、たまりません。彼女の方が離してくれないんで、次の日のバイトを休んでしまいました。働く気なんか起こらなかったっスよ。今でもラインやらメールやらでHする約束をしてます。

 

ハッピーメールを使うときに気をつけていたのは割り切りっス。女の子にその気がなければとっとと帰ってくるし、氏名や年齢も教えません。僕は結構イケメンの方なので、あまり優しくしてしまうとストーカーみたいなってしまう面倒っスよね。

 

いつでも逃げられる準備をしてました。それと説明したように年齢は大事っスね。年齢詐称で17歳以下の場合の女子高生がいて、援助交際扱いになってしまってやばいっスから、これはマジに注意です。